Vライン、Iライン、Oラインを脱毛する理由

デリケートゾーンのムダ毛を脱毛する習慣が海外では当たり前の事でしたが日本ではあまりありませんでした。

そのためデリケートゾーンがツルツルになっているのを見ると違和感を感じてしまう事がありました。しかし時代とともに日本の女性の意識も変わってきて現在はデリケートゾーンのムダ毛を脱毛する人が増えてきました。

デリケートゾーンにはビキニラインをVライン、股の間をIライン、肛門周りをOラインと呼んでいます。以前はVゾーンを軽く処理するぐらいでしたが最近ではすべてのムダ毛を脱毛して清潔を心がけている女性が増えてきています。

sksipj

Vラインの脱毛は当たり前の時代へ

Vラインの脱毛は主に下着やビキニからムダ毛がはみ出さないようにするために脱毛する人が多いです。

ムダ毛があると際どい下着や水着をはみ出してしまって下着や水着も履けるのが限定されてしまいます。それで脱毛する事によって際どい下着や水着を履けるようになって種類の幅が広がります。そうする事によっておしゃれ出来るというメリットが出来ます。Vラインの脱毛は部分的にムダ毛を残しておく人が多いです。逆三角形型、I型、卵型などいろいろな残し方があるので好きな形を選ぶといいでしょう。

日本では、比較的ある程度毛を残した形が主流で、ハイジニーナの形にする人は少人数です。
引用 Vライン脱毛なび|ビキニライン脱毛は痛い?恥ずかしい?

Iライン脱毛による衛生面への好影響

Iラインの脱毛は股の間の通気性を良くして清潔感を保つために脱毛している人が多いです。

Iラインは下着による摩擦で蒸れやすい部位でもあるのでムダ毛があると雑菌が繁殖してしまう可能性があります。雑菌が繁殖してしまうと強い臭いが発生してしまってすそわきがになってしまう事もあります。それでIラインのムダ毛を脱毛する事によって雑菌の繁殖を防いですそわきがの予防もする事が出来ます。

またムダ毛がなくなると生理中の血やおりものも固まらなくなるので痒みも出にくくなります。Iラインのムダ毛を脱毛するとスッキリして清潔感を感じる事が出来るのです。

Oラインのコンプレックス

Oラインの脱毛もIラインと同様に清潔感を保つために脱毛している人が多いです。肛門周りにムダ毛があると女性にとってはコンプレックスになってしまう事もあります。そのため肛門周りもスッキリさせて清潔感を保ちたいというのが女性の本音です。Oラインの脱毛はIラインとセットでしてしまう事が多いです。

デリケートゾーンを脱毛する事によって清潔感を保つ事が出来るので女性としての自信も芽生えてきます。それに男性からのイメージもすごく良くなるのでデリケートゾーンの脱毛はする人はこれからもどんどん増えてくるでしょう。

処理が難しいVIOラインは脱毛サロンで行うのがお勧めですよ

VIOラインの脱毛は、水着や下着を履くための見た目の問題だけでなく、生理の時にも清潔に保ちやすく、ムレやかぶれを軽減する事が出来るので、処理している人が増えています。

しかし自分でVIOラインを脱毛すると、自己処理が大変だという事が分かると思います。

VIOラインは特に肌が敏感でデリケートな部分なので、他の部分に比べて痛みを感じやすく毛抜きで抜く脱毛は難しいですし、カミソリでは肌が荒れたり腫れてしまうというトラブルが起こりやすい場所でもあります。

iii

Vラインであれば自分の手が届くし、目に見えるので自分でもある程度処理をする事もできますが、IラインやOラインは手元が見えにくく処理がしにくい部分なので、自己処理が難しく処理の残しが出来やすくなります。処理が上手くできずに無理な自己処理をしていると、肌が黒ずんでしまう原因にもなり、取り返しのつかないトラブルが起きてしまう事もあります。自己処理が上手くできない、きれいに処理をしたいと考えるなら、無理な自己処理は止めて脱毛サロンでの脱毛がお勧めです。

脱毛サロンでは処理のしにくいVIOラインもきれいに処理をしてくれますし、痛みを感じやすい部分でも肌を傷めず処理をする事ができます。最近では料金も安く、キャンペーンが行われている事や、サロンによって処理のコースも様々あるので、自分にあったお店を選べます。
無料のカウンセリングを行っているので、詳しい施術方法や料金についても話を聞く事もできますので、自己処理にお悩みならカウンセリングをお勧めします。

V・I・Oデリケートゾーン脱毛

Vライン脱毛は今ではポピュラーになっていると思いますが、それより奥のゾーンはまだまだ浸透してないと思います。とくに奥のIとOの部分の脱毛に抵抗を感じる方も多いと思いますが、実は脱毛するメリットがたくさんあります

例えば、ムダ毛がなくなることで雑菌の繁殖が軽減したり、それに伴って気になる臭いも軽減されます。生理のときの不快感も軽減されますし、もちろん下着や水着のときなどの恥ずかしい心配もなくなります。

脱毛はカミソリでする自己処理とは違って、肌を傷つけたり、カミソリ負けしたりする心配もないので、普段カミソリで自己処理している方にはおすすめです。VIOのデリケートゾーンの脱毛が出来るサロンはたくさんあると思いますが、使っている機械や効果、価格などはサロンによってそれぞれだと思いますので、まずは気になるサロンでVラインだけで試してみて少し様子を見るのもいいかも知れません

ooo

デリケートゾーンの脱毛は痛みを伴いますが、ムダ毛の煩わしさから解放されることを考えると女性には耐えることができる痛みだと思います。また、完全にはなくしたくないけど、毛のボリュームやゴワゴワして固いなどの毛質で悩んでいるという方にもおすすめできます。脱毛を数回行うだけで、悩んでいた毛の質やボリュームを変えることも出来るのも脱毛の魅力です。

脱毛は2ヶ月に1回の施術になっていてある程度の期間が必要なので、夏本番に向けて早めに始めることをおすすめします。

VIOを自分でワックス脱毛する前にブラジリアンワックスサロンで脱毛しました

VIOラインを自分でワックス脱毛したいです。
Vラインは見えるからいいけどIOラインは見えません。
見えない所にワックスを塗って脱毛をするのも勇気がいります。

ブラジリアンワックスのサロンで脱毛を体験したいと思いました。
痛いって聞くけど、どこがどの程度痛いのか?とかです。
脱毛の効果も気になったのでサロンに行ってきました。

vvv

脱毛前の事前のお手入れはしなくてよかったです。
むだ毛が1センチ以下で短いとワックスが絡まないそうです。
脱毛を始める前にエステシャンがはさみでカットしてくれます。
自分で処理しないでやってもらうのがいいと思います。

VIOの形から

  • Vの形が選べて種類もたくさん選べますから希望の形で残せます。
  • IOは自分で処理すると見えない場所で残り毛が出る場所でした。

今回はエステシャンがやってくれるので毛残りなしにできそうです。
ワックスを塗って脱毛が始まると考えていたほど痛みはないです。
脱毛をしてくれるのはエステシャンがやってくれるので知識もあります。
場所によってワックスを使い分けて脱毛してくれます。
塗ってからの乾きも早いですし痛みも最小限でした。
1回行けば10日から2週間は毛が無い状態が続くそうです。
肌を出す季節はサロンに通う回数を増やせば毛なし期間が続きます。
脱毛にかかる時間は30分程度で会社帰りにも寄れるお店が多いです。

自分で処理すると毛を短くするのが限界で残り毛だらけでした。
IO部分にうぶ毛もなくつるつるというのは新鮮です。
仕上りは清潔に見えるしVの形もかわいいので脱毛して良かったです。

vio脱毛は断然、ブラジリアン派です

水着を着る機会が増えてくると、気になるのがデリケートゾーンの脱毛です。自己処理は難しい、というか私の場合自分ではなかなかできないのでお店でお願いします。私はブラジリアンワックスでの処理が一番合っています。一度の施術できれいになるし、時間も2~3時間で終わるから簡単で気に入ってます。

vauha

お店に着くと専用の紙下着に着替え台の上で寝た状態で開始します。施術してくれる方は女性なのですがいくら女性同士だからと言って恥ずかしさはなくなりません。毎回毎回、最初は緊張しながらスタートします。

私が脱毛してもらうのは、ビキニラインとIライン、Oラインの3箇所です。ビキニラインはそのまま上向きの状態で施術します。Iラインは片方の膝を立ててさらに足を開くように横に倒します。これは、なかなか人前でやらない体勢なので初めてのときはドキドキでした。そして、最後はOライン。横向きになり、膝を少し抱え込むような体勢です。ちょうど座薬を入れてもらうような感じです。スタッフの方が施術中はずっと話しかけてくれるので、時間が経つと恥ずかしさにもだんだん慣れてきます。

ブラジリアンワックスはジェル状のワックスを肌に伸ばし、紙でそのジェルごと剥がして脱毛します。剥がすときはピリッとしますが、これも慣れてきます。
なんと言っても、脱毛後の肌がやわらかくてツルツルになるので止められません。カミソリやシェイバーでの脱毛では味わえないあのツルツル感のために私は通っています。